きょうのきょう ―今日の京―

2012年1月27日 午前10時配信
癌封じの瘤の木
ひえ田野神社


メイン写真
サブ写真  五穀豊穣を願う「佐伯郷燈籠祭」で知られる亀岡市ひえ田野のひえ田野(ひえだの)神社は和銅2年(709)に創建され、その後、平安時代には延喜式 に記された古社です。同神社には癌封じの瘤の木があり、近年は悪病退散、癌封じの社と しても知られています。自分の体で気になるところを撫でてから木の瘤 を一心こめて撫でると癌にならず、癌病を吸いとってくれるといわれています。 また、境内には石の環くぐりや必勝祈願石などもあります。

癌封じの瘤の木
ところ: ひえ田野神社(亀岡市ひえ田野町佐伯)
交通: JR嵯峨野線亀岡駅下車、京都交通バス「佐伯」下車すぐ