きょうのきょう ―今日の京―

2012年6月29日 午前10時配信
岩船寺で紫陽花を愛でる


メイン写真
サブ写真  四季折々の花が美しい真言律宗 岩船寺は天平元年(729)、聖武天皇が出雲に行幸の時、霊夢によってこの地に阿弥陀堂の建立を発願、行基に命じて建立したのに始まると伝えられています。
 初夏の今は、赤紫や青、白など色鮮やかな紫陽花で境内は彩られ、訪れた人々を楽しませています。ご本尊は、平安時代、キヤキの一木造りの阿弥陀如来坐像(重文)で、行基作と伝わります。

岩船寺で紫陽花を愛でる
ところ: 岩船寺(京都府木津川市加茂町岩船上ノ門)
拝観時間: 午前8時30分〜午後5時
拝観料: 300円
交通: JR関西本線「加茂」駅からバス「岩船寺」下車