きょうのきょう ―今日の京―

2012年11月13日 午前12時配信
紅葉に包まれた神蔵寺


メイン写真
サブ写真  四季折々の草花が美しい亀岡市の山寺 神蔵寺は、延暦9年(790)、伝教大師最澄によって開創されました。源頼光、源頼政公ゆかりのお寺でもあり、西国薬師霊場第43番札所です。
 みかえり橋をわたり、境内に入るとカエデの大木が真っ赤に紅葉し、風が吹くともみじ葉が早くもひらひらと舞い落ちていました。境内のカエデは色鮮やかに染まっています。
 また、15日から25日まで紅葉のライトアップが行われます。(午後6時〜午後9時、拝観料300円)

紅葉に包まれた神蔵寺
ところ: 神蔵寺(亀岡市ひえ田野町佐伯岩谷ノ内院ノ芝)
交通: 亀岡市ふるさとバスグリーンハイツ口バス停から徒歩約20