きょうのきょう ―今日の京―

2012年11月16日 午前12時配信
杉苔に広がる敷紅葉 圓光寺


メイン写真
サブ写真 左京区一乗寺の瑞厳山 圓光寺は、三要元佶(さんようげんきつ)禅師を開山として、徳川家康公によって開かれました。
 四季折々に美しい「十牛之庭」と呼ばれる庭園には、水琴窟や洛北で最も古い池といわれる栖龍池があります。
 今朝、訪れると昨日の雨でしっとりした杉苔に、散紅葉が広がり美しい秋景色に包まれていました。訪れた人々は、縁側にすわり、「きれいやね。」 と感嘆の声をあげていました。

杉苔に広がる敷紅葉
ところ: 瑞厳山 圓光寺(左京区一乗寺小谷町)
拝観時間: 午前9時〜午後5時
志納料: 大人500円
交通: 市バス「一乗寺下り松」下車