きょうのきょう ―今日の京―

2012年11月20日 午前12時配信
色鮮やかな紅葉を光悦寺で愛でる


メイン写真
サブ写真  鷹ヶ峰の光悦寺は、徳川家康公が本阿弥光悦に野屋敷として与えた土地が始まりで、光悦翁の一族や、様々な工芸にたずさわる職人らが共に住居をかまえ、芸術村を営んだところです。
 いまは、光悦垣周辺や境内の所どころで赤や橙などカエデが色づき、見頃、ピークを迎えています。境内からは鷹峰三山(鷹ヶ峰・鷲ヶ峰・天ヶ峰)を望むことができ、訪れた観光客らが解放感あふれる紅葉景色を楽しんでいました。

色鮮やかな紅葉を光悦寺で愛でる
ところ: 光悦寺(北区鷹ヶ峯光悦町
拝観時間: 午前8時〜午後5時
拝観料: 300円
交通: 市バス「源光庵前」下車