きょうのきょう ―今日の京―

2013年3月27日 午後12時配信
祇王寺境内に「祇王の小径」が開苑


メイン写真
サブ写真  奥嵯峨の祇王寺は、この度境内の竹林を新しく整備し、27日より祇王寺竹林「祇王の小径」を開苑しました。祇王の小径は、無料で開放され、お土産ものなども買える休憩処や、トイレなどが設けられ、訪れる人々にほっと一息ついてもらえるようになっています。
 26日は、報道関係者らに公開され、今様白拍子の舞の奉納などがありました。竹林を眺めながらひと休みできる「祇王の小径」は、奥嵯峨散策の時に嬉しい場所となりそうです。  祇王寺は、大覚寺の塔頭で『平家物語』にも登場する悲恋の尼寺として知られ、苔庭や四季折々の風情が訪れる人々を迎えてくれます。  

祇王寺境内に「祇王の小径」が開苑
ところ: ところ: 祇王寺竹林「祇王の小径」(右京区嵯峨鳥居本小坂町)
利用時間: 午前9時〜午後4時30分
交通: 市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車、西へ徒歩15分