きょうのきょう ―今日の京―

2013年4月12日 午後12時配信
疫神を追い立て1年の平安を祈る やすらい祭


メイン写真
サブ写真  京都三大奇祭のひとつで、900年の歴史があるやすらい祭が14日、行われました。やすらい祭は病気や災いをもたらす疫神は桜の花びらにのって広がるといわれ、人々が花の精を鎮め、無病息災を祈願したことに始まります。
 赤髪の鬼と黒髪の鬼らの行列が町内を練り歩いた後、今宮神社に到着。笛や鉦、太鼓の音とともに、髪を振り乱しながら飛び跳ね、踊り、疫神を追い立て、1年の平安を祈りました。  やすらい祭 は、京の春の祭のさきがけをなす祭でもあり、やすらい祭が晴れれば、その年の京の祭はすべて晴れと言い伝えられています。

疫神を追い立て1年の平安を祈る やすらい祭
ところ: 今宮神社(北区紫野今宮町)
とき: 4月14日(日)
交通: 市バス「今宮神社前」下車